クレジットカードの3種類の作り方とその詳細

3種類の作り方について

クレジットカードは3種類の作り方があります。1つ目はインターネットによるもの、2つ目は郵送によるもの、3つ目は店頭窓口に行くことによるものです。それぞれ申し込み手続きの仕方など、同じクレジットカードを作る目的といっても条件が異なることがあるので、それらの違いを意識しておきましょう。また自分にとって最も適切だと思われる作り方を選ぶことで、作るメリットが得られやすくなります。

インターネットでの作り方

インターネットでクレジットカードを作る場合、まずはおすすめのクレジットカード会社のホームページに行きます。ホームページ内に申し込みフォームがあるはずなので、そこにアクセスします。すると必要事項記入欄が出てきます。必要事項とは申込者の氏名や住所などの各個人情報のことです。それらを入力し、情報を送信すれば申し込み完了となります。

インターネットで作るメリット

インターネットでクレジットカードを作るとお得になりやすいメリットがあります。なぜかというと、インターネットで申し込むことにより、その時行われているキャンペーンを利用することができるからです。たとえば、新規入会で高額のポイントやギフトカードをもらえるキャンペーンなどがあげられます。ポイントというのはクレジットカード独自のポイントプログラムのことで、貯めたものを買い物やサービスに使うことができます。

インターネットでキャンペーンが活発な理由

クレジットカードにおけるインターネット申し込みのキャンペーンが活発な理由にはインターネットとクレジットカードの相性がいいことがあげられます。というのも、インターネットで利用できる通販やサービスの決済方法はクレジットカードがメインだからです。そのため、クレジットカード会社としてはインターネットをよく使う人にサービスを良くしたいと考えているのです。またこのこと以外にも単純に店舗で窓口を用意する必要がなく、手間が省けるというメリットがカード会社にあります。

郵送での作り方

郵送でクレジットカードを作るのはどちらかといえば珍しいケースです。しかしインターネットが何らかの理由で使えないという人の場合、有力な選択肢ともいえます。作り方についてですが、まずは申込用紙を手に入れる必要があります。申込用紙は店頭まで取りに行ったり、クレジットカード会社から取り寄せたり、ダウンロードしたりして手に入れることができます。後はその用紙に必要事項を記入し、投函するだけです。

店頭での作り方

店頭でクレジットカードを作るのは昔ながらの方法です。カード会社の店頭にある申込用紙に必要事項を記入し、窓口に提出するという非常に単純な作り方となっています。インターネット申し込みと同様にさまざまなキャンペーンを行っているので、作る時はどのようなキャンペーンを行っているのか確認しておくといいでしょう。

おすすめのデビットカード

申し込み後の審査について

クレジットカードは必要事項をカード会社に送れば必ず作れるというものではありません。というのも、申し込み後は所定の審査が行われるからです。クレジットカードは使った後にちゃんとお金を返してくれるという信用が大切なサービスなので、申込者にその信用があるかどうかを審査しなければなりません。その審査に通過することができれば、いよいよクレジットカードが発行され、自宅に送られてきます。

本人確認が必要

クレジットカードを作る、もしくは受け取るには本人確認が必要です。本人ではない人がクレジットカードを手にしてしまうと大変なトラブルになるので、セキュリティ上本人確認は厳密に行われています。本人確認は身分証で行われるので、必ず用意しておきましょう。特に運転免許証やパスポートは顔写真もついている分、身分証としての信用度が高いです。また場合によっては身分証だけでなく、年収証明書が必要になることもあります。たとえば、年収証明書には源泉徴収票や給与明細書などがあげられます。

http://dotlist.biz/